産業用太陽光発電の戸上電機製作所 » 産業用太陽光発電

産業用太陽光発電

設計・施工・メンテナンスまでトータルサポート

戸上電機製作所では、太陽光発電システムの設計・提案から、施工、点検(メンテナンス)まで、太陽光発電システムの導入に必要な流れを自社で提供しますので、間に他の業者が入ることなく、安心してご導入いただけます。

設計・施工・メンテナンスまでトータルサポート

≫ 産業用太陽光発電・メガソーラーの施工事例

≫ 産業用太陽光発電システムの故障診断はPVドクターシリーズ

太陽光発電の仕組み

余剰電力買取の仕組み

産業用太陽光発電の仕組み

固定価格買取の仕組み

太陽光発電固定買取の仕組み

太陽電池の種類

種類 特徴
シリ  コン系 結晶
シリコン
単結晶 半導体と同じ単結晶のシリコン基板を使用しており高価格となりがちですが、性能と信頼性に優れていおり現在の太陽電池の主流となっています。ただ、近年は、多結晶や薄膜シリコンに移行が進んできています。
多結晶 単結晶の結晶を集めて一つのシリコン基板にした多結晶基板を使用。基本的には単結晶に比べて性能が若干劣り安価なのが特徴ですが、近年では性能も価格もほとんど差が無くなってきています。
多接合型
ヘテロ結合型
吸収波長域の違うシリコン層を重ね合わせた構造で、シリコン使用量も少なく大判で量産が可能です。異なる特性のシリコン層を重ねているためアモルファス太陽電池より高効率となっています。
結晶
シリコン

アモル
ファス
化合物系 CIS系 シリコンの代わりに、銅、インジウム、セレンなどから成るカルコパイライト系と呼ばれる化合物を用いています。使用材料や製造法の違いにより低価格から高性能までの製品の製造が可能です。
CIGS系 CIGSは、銅、インジウム、ガリウム、セレンを原料とした化合物半導体を発電層に使った太陽電池です。シリコンを使わず、発電層を薄い膜状の半導体を用いた環境にやさしい太陽電池です。

太陽電池取扱メーカー

産業用太陽光発電のメリット

メールでのお問い合わせはコチラ

»前のページに戻る

↑ページの先頭へ