産業用太陽光発電の戸上電機製作所 » 産業用太陽光発電のメリット

産業用太陽光発電のメリット

防災対策

太陽光発電設備を設置すれば、地震や台風などの災害時に停電が発生した場合でも太陽さえ出ていれば、自立運転機能によって特定負荷に電気を供給することができます(※自立運転機能付きのパワーコンディショナの場合)。 また、畜電池を併用することで、外部からの電源供給が無くても夜間や雨天など日射量が少ない時間に電力を使用することができます。

地球温暖化対策(CO2削減)への貢献

太陽光発電のエネルギー源は、太陽の光エネルギーです。石油や石炭などの有限な資源とは違い、枯渇することのない無尽蔵なエネルギーです。この他にクリーンエネルギーとしては水の力を利用した水力発電、風の力を利用した風力発電や地熱・潮汐力を利用した発電など多くが実用化されていますが、太陽光発電に必要な太陽のエネルギー量は、他のエネルギーとは桁違いの大きさで、地球全体に降り注ぐ太陽の光エネルギーを100%変換出来るなら、世界の年間消費エネルギーを1時間で賄うことが出来ると言われています。

CO2削減

*CO2削減量は、発電電力量1kWhあたり、0.410kg-CO2/kWh(出典:電気事業連合会2006年実績)を使用し、平均稼働時間(1,051h/年)にて計算しています

*スギ1本に吸収される二酸化炭素の年間量は14kg。環境省、地球温暖化防止のための緑の吸収源対策より
*石油削減量は、発電電力量1kWhあたり、0.243L/kWh(出典:独立行政法人 新エネルギー産業技術総合開発機構〈原油換算係数:2,250kcal/kWh、原油発熱量:9,250kcal/Lとする〉)を使用し、平均稼働時間(1,051h/年)にて計算しています


企業イメージ向上

太陽光発電システムの導入は、その発電状況のウェブサイトでの公開や建屋デザインへの関連機器の組み込みなどにより創エネルギー企業というイメージを発信することができると同時に、環境マネジメントシステム(EMS)の象徴として、企業姿勢を社会へ明示でき、企業イメージの向上が図れます。 また、東日本大震災以降は、エネルギーの確保が深刻な問題となっており、中小企業も含め産業界においても節電が求められています。太陽光発電システムを導入することによって、日中の電力消費ピーク時に発電所の負担を減らすことで社会への貢献ができ、企業イメージの向上につながります。

コスト削減

余剰電力買取制度

太陽光発電設備から発生する余剰電力(自家消費した分を差し引いた余りの電気)は、電力会社に売電することができます。買取価格は住宅は42円、非住宅用は40円となっています(平成23年度設置された場合)。2012年7月からの「再生可能エネルギー固定価格買取制度」導入後は、住宅用システムのみに運用される予定です。

余剰電力買取制度

固定価格買取制度

電力を利用する私たち消費者も一緒に、設備投資に必要なコストを負担し、社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートします。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、太陽光(メガソーラーや住宅用太陽光発電)をはじめ、風力、水力、地熱、バイオマスによって発電した電力を、電気事業者に、一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」という形で電気料金の一部として負担するというものです。

産業用太陽光発電システム導入の流れ

≫ 産業用太陽光発電システムの故障診断はPVドクターシリーズ

メールでのお問い合わせはコチラ

»前のページに戻る

↑ページの先頭へ